脊柱管狭窄症はリハビリで治すことができる|体を改善しよう

医者

病院の選び方

先生

世田谷区の病院によって、症状によっては別の病院で診てもらった方がいいことがあります。そういった場合には、一度世田谷区の内科の病院などに問い合わせをしてみてから受診をしましょう。そうすることで時間やお金を無駄にする事もありません。

Read More..>>

病気の特徴と改善方法

こちらの情報サイトでは脊柱管狭窄症のリハビリはどのような内容なのかを紹介していますよ。手術を控えている方は予め見ておきましょう。

病気の特徴と症状

先生

脊柱管狭窄症は腰に大きな負担をかけることで背骨や関節、椎間板、靭帯などに変形や肥厚が起こり、神経の通り道である脊柱管がせまくなってしまう病気です。通り道が狭くなると神経が圧迫されるようになるため、血行が阻害されたり神経性の痛みや痺れが発生するようになります。負担がかかりやすい腰部に起こりやすいのが特徴で、椎間板ヘルニアと並んで多く見られる病気の一つです。脊柱管狭窄症に対しては外科手術が有効ですが、腰の手術には身体への大きな負担やリスクが伴います。そのため、手術は選択せずに保存療法を行なうケースも非常に多いです。保存療法で重要となるのがリハビリです。医師がリハビリの指示を出し、その内容にそって理学療法士などの専門職がリハビリを行ないます。

専門職による施術

脊柱管狭窄症に対するリハビリでは物理療法と運動療法が行なわれます。物理療法ではホットパックやマイクロ波を用いて患部を温める方法がよく選択されます。患部の血流を良くし、痛みを軽減することができます。運動療法を行なう前の準備として行なうことで、その後の運動がしやすくなるというメリットもあります。運動療法では腰部の筋力トレーニングを行ないます。背筋や腹筋などの筋肉が強化されることで腰椎の不安定性を改善し、症状の悪化を予防することができます。また下肢の筋力トレーニングも積極的に行ないます。下肢の筋力がつくことで立ち上がったり、歩いたりする際の腰への負担を軽減することができるようになります。また、脊柱管狭窄症では腰に負担をかけない動作が重要となるため、専門職は日常生活動作のアドバイスを行います。

幅広い年代に見られる病気

看護師

鼠径ヘルニアの治療には手術が必要であり、薬などで完治することはありませんので注意が必要です。肥満気味の人や便秘気味の人は鼠径ヘルニアになりやすいとされており、現在は以前とは違って日帰りでの手術も可能となっています。

Read More..>>

利用の仕方

看護師

伊丹の内科では風邪などの症状や慢性的な病気を診ています。休み明けの診察日には、受診者が多いです。なので、予約ができれば予約をしてから受診をするといいでしょう。来院する際には、健康保険証の提示が必要になります。

Read More..>>

Copyright © 2015 脊柱管狭窄症はリハビリで治すことができる|体を改善しよう All Rights Reserved.