脊柱管狭窄症はリハビリで治すことができる|大きな負担やリスク

医者

病院の選び方

困った時の相談

先生

世田谷区の内科にかかる時に、いつ受診をしていいかわからないときがあります。子供の場合は特に熱が出てしまい、すぐに受診をしていいか、それとも少し様子を見ていいか、分からないときがあります。そういった場合には、是非上手く利用するといい相談窓口があります。それは、世田谷区には、救急医療の情報を教えてくれたり、相談ができます。診療時間外で、世田谷区の内科に電話ができない場合が利用してみるといいでしょう。症状を伝えて、緊急性のものなのか、また世田谷区のどこの病院で診てもらえるか教えてくれます。また子供が過って何かを飲み込んでしまった場合など適切なアドバイスをしてくれます。一度相談窓口の問い合わせ先をメモしておくといいでしょう。

判断を見極める

内科を診察する場合には、症状によって、どこの診療科にかかればいい不明の時もあるでしょう。例えば、鼻水がよく出るなどの場合は、内科や耳鼻科でもいいです。その判断は自分で好きな病院にいくのもいいです。また一度病院に問い合わせをしてから、症状を伝えてみて、その病院で診てもらえるか聞いてみるのもいいでしょう。症状によって、判断を見極める事も大事です。しかし、自分ではわからない事もあるので、迷わずに聞くことが一番です。また直接行って診てもらう事もできますが、結局、紹介状を書いてもらって、別の病院に行くというケースもあるので、診察代も紹介元と紹介先とダブルでかかる事もあります。そうならないように、一度問い合わせをしてから受診をすると時間もお金も無駄にすることはないでしょう。

Copyright © 2015 脊柱管狭窄症はリハビリで治すことができる|大きな負担やリスク All Rights Reserved.