脊柱管狭窄症はリハビリで治すことができる|大きな負担やリスク

医者

幅広い年代に見られる病気

放置していると命の危険も

看護師

時々お腹に鋭い痛みを感じたり息苦しさを感じるといった症状がある場合は、鼠径ヘルニアである可能性があります。幅広い年代に見られる病気であり、誰でも起こりうる病気です。初期の段階では異常に気付かず、放置してしまう人も少なくありません。しかし、鼠径ヘルニアは放置したままでいるとやがては嵌頓ヘルニアという飛び出した部分が元に戻らない状態になってしまいます。このような状態になると腸の中を食べ物が流れていかないばかりか、血液も流れなくなってしまい壊死してしまうことがあります。そうなると命の危険性もあるので軽視してはいけない病気です。鼠径ヘルニアは放置していても自然に良くなることはなく、薬によっても完治させることが出来ないので早めに手術を行わないといけないので注意が必要です。

多く見られる人の特徴

鼠径ヘルニアは幅広い年代に見られる病気とされていますが、ある特徴を持った人達に多く見られる病気だともされています。それは肥満気味の人や便秘気味の人達です。肥満は様々な病気のリスクが高まるとして国からも注意が呼びかけられるようになっていますが、鼠径ヘルニアもそういった病気の一つとして注意が必要だとされています。また、便秘気味の人も同様に鼠径ヘルニアになる可能性が高いと考えられています。鼠径ヘルニアの治療は手術を行う必要がありますが、従来のバッシーニ法と違って現在の手術では日帰りでも手術が行えるようになっています。その他にも、立ち仕事が多い人は鼠径ヘルニアになりやすい可能性があるとして注意が必要だと考えられるようになっています。

Copyright © 2015 脊柱管狭窄症はリハビリで治すことができる|大きな負担やリスク All Rights Reserved.